ブログが乗っ取られたようです。

ブログのアップをサボっておりました。

そしたらなんと、知らない投稿が18~20日にかけて、

たくさんアップされていました。

とりあえず、すべて削除しましたが、

まめに投稿しなければいけないと、

反省です。

 

昨日、HPからのお問い合わせは、

ブログを読んだ方からでした。

ピアノの椅子の修理のブログを読まれ、

ピアノとは関係なく、普通の椅子の溶接修理依頼でした。

お近くにお住まいだったため、すぐに修理完了だったようです。

 

先日初めてお伺いしたお客様。

去年コロナで調律できなかった為、2年ぶりの調律でした。

調律カードを見ると、毎年きちんと調律されている様子なのに、

音の下がり方が酷く、何が原因だろう・・・と探っていました。

 

そして調律をしてみて原因が判明。

次高音の当たりが、調律をしても下がってしまうし、

音色も変だなぁと思い、鉄骨部分を見てみたら、

ご覧の通り。

 

ヒビが入っているの、分かります?

何年も前から、お嬢様が調律をしても1ヶ月ぐらいで狂ってしまうこと、

ご存じでしたが、ピアノが古いからと思われていたようです。

このぐらいのヒビと思ってしまいますが、

調律をしても、調律をした直ぐから、音が下がり始めます。

 

 

ちなみにこちらが、工房にあるピアノ。

鉄骨にガッツリ、ヒビが入っています。

こちらは弦をすべて外し、ただ今修理待ちです。

 

調律しても直ぐに音が狂ってしまう・・・

こんな原因もありますよ。

 

ソートエルワルドHP

https://soutelward.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。