ネズミ

その昔、エジプトの家に入り込んでしまったねずみが賢すぎ、
毒を入れたチーズと入れないチーズを置いたら、入れないチーズだけ食べていくし、
ネズミ取りの籠を置いても、一向に入らない。
通り道に粘着性のボンドのようなものを置いても、もちろんひっつかない。
最終手段として我が家にやってきたのが、猫のサリーでした。

初日、キッチンでネズミが猫の餌を食い荒らしている音がしているのに、
サリーは私のベットに一緒に入り込み、
ニャオ・・・
と一声のみ。

あれれ・・・
と思いましたが、猫の鳴き声やにおいで、
ネズミの方から逃げて行ってくれました。

ネズミはピアノの下のペダルの隙間部分から入り込んで、
たいてい、鍵盤の下部分に巣を作ります。
ピアノの中は、高級フェルトやクロスだらけですからね。
さぞかし暖かいお布団が作れることでしょう。

そんなネズミ被害の1例をご紹介いたします。

弱音フェルトが使えないとだけお聞きしていたので、摩耗してフェルトがダメになったのだと思っていました。

ピアノのふたを外してみたら…

IMG_3494
フェルトがない・・

IMG_3495
でも、端っこがこんなにゴミの山。

アクションの部分もよく見てみたら・・・
IMG_3498
コードがない!

 

たまにネズミの死骸があったりするので、鍵盤を外す時が一番ドキドキ。

IMG_3497

運の良いことに、このピアノの場合ダンパーフェルトは齧られていませんでした。
ダンパーフェルトとは、弦の部分に接しているフェルトで、これが無くなると音が止まらなくなります。
しかもパーツ代も高く、修理にも時間が掛かります。

きれいなお仕事でいいですね!
と言われることも多いのですが、そんなことないんです。
ネズミの死骸とも格闘しなければいけないです・・・